最新ニュースをぶった切る!!


by accept121

通信制大学は働く大人に最適ですが・・・。

Excite エキサイト : 芸能ニュース

ダルビッシュ妻が学ぶ“早大eスクール”の難易度


 日ハムのエース・ダルビッシュ有(20)を射止めた女優サエコ(20)の“もうひとつの肩書”に注目が集まっている。
 スポーツ紙などで「現役早大生女優」と報じられているが、目を凝らして見ると「早大人間科学部」の後にカッコ書きで「通信制」の記述。早大に通信制があること自体、あまり知られていないが、一体ナンなのか。

「正式には『人間科学部eスクール』と言い、03年に開設されたまだ新しい通信制の学部です。インターネットを利用して自宅で授業に参加できるシステムで、受講生は忙しい30~40代の社会人が多い。07年の志願者数は6学科で計396人、合格者は242人。試験は書類選考と面接試験で、倍率は1.64倍です。元力士の旭鷲山、フィギュアスケートの中野友加里、西武の田辺徳雄二軍野手総合コーチなど、有名人も多く入学しています」(早大関係者)

 卒業すれば通信制とはいえ、最終学歴に「早大」の学校名が書けるのがウレシイ。もっとも、通信制は手軽さゆえに勉強しないまま中退したり、単位が取れずに脱落する生徒が多いといわれる。最短の4年で卒業できれば学費総額は約430万円だが、卒業できないと延々払い続けるハメに。やっぱり厳しいのか。

「卒業生は今年3月に出たばかり。135人の対象生徒のうち53人、39%が卒業しました。通信制の卒業率は一般的に3~5%といわれているから、高い方だと思います」(早大広報室広報課)

 入学しやすく、卒業もしやすいということか。

 とはいえ、サエコは妊娠3カ月。これから出産、子育てを控えているから大変だ。ちゃんと卒業できるだろうか……。


>がんばりやの彼女のことだから育児のあいまに勉強して無事に卒業するんじゃないかしら、それにしても学費高いですね。
[PR]
by accept121 | 2007-08-15 00:23 | 芸能裏ニュース